特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

お問い合わせ
 
トピックス

「健康な食事研究会」


毒性学教育講座 下巻

プロバイオティクス、 プレバイオティクスと腸内菌叢

最新栄養学[第 10 版]
運動・栄養プログラム TAKE 10!
リンク
サイトマップ
email:
webmaster@ilsijapan.org

TEL:
03-5215-3535

FAX:
03-5215-3537

住所:
102-0083
東京都千代田区麹町
3−5−19
にしかわビル5階
ホーム 》委員会・研究会・CHP 》食品安全研究会 》香料研究部会
 研究部会 活動報告  
食品安全研究会 【香料研究部会】
部会の目的
1.
  食品香料の性質と安全性等に関し偏向の無い科学的な調査研究を行う。
2.
  食品香料に関する正しい科学的共通理解を産・官・学に普及させる。
3.
  科学的根拠に基づき、かつ国際整合性のある安全性評価方法を提言する。

これまでの主な活動
1.
  当部会の活動目的、方針、計画等の討議。
2.
  国内外の香料を取り巻く状況の説明。
3.
  ILSI Europe発行の小冊子TTC(毒性学的懸念の閾値)日本語版発刊に向けての翻訳作業。


今後の活動予定
1.
  概要
     香料の正しい科学的知識の普及・啓発と安全性評価方法の提言
     欧米のILSIとの意見情報交換を通じた海外状況の調査や、国内のネットワークを利用して学識経験者等からの見解を求めるなど、第三者的立場から食品香料の性質と安全性等に関し、偏向の無い科学的な調査研究を行う。集約された情報を食品産業界・行政関係者・食品関連のオピニオンリーダー等に伝えていくことで、産・官・学の香料に関する正しい科学的共通理解を深める。また上記活動を通じ培われた共通理解の中で、さらに国内外との意見交換を深め、最終的に科学的な根拠に基づきかつ国際的に整合性のある安全性評価方法について提言を行う。
       
2.
  具体的計画
    会合開催:2〜3か月に1回開催
    主な活動内容案
       部会のより効率的な運営と、部会員のより積極的な参画のため、運営組織の改定(テーマ別ワーキンググループ設置等)も検討し、また共通のテーマについては他部会との協同を視野に入れながら、以下について活動を行う。
     
(1)
  香料の基礎に関する調査研究:メディア等での取り上げ方を検証するなど実際的な調査研究を通じ基礎の学習を行う。
     
(2)
  安全性評価に関する調査研究:2006年度は以下について活動を行う。
         
i)
  TTCコンセプトに関する調査研究
         
 
翻訳書の発刊
         
 
背景の学習を兼ねた解説書の発刊検討・講演会開催等による啓発
         
 
成果は、ILSI Japanとして食品安全委員会へも提示することを検討する。
         
ii)
  JECFAで用いられている香料の安全性評価法に関する調査研究
         
 
手順の輪読
         
 
他の添加物の安全性評価方法との比較
         
 
現在の問題点の検討
         
 
この後、スケジュール的に余裕があれば他国・機関における香料の安全性評価方法や規制方法の調査と比較を行うこととする。
         
iii)
  香料の科学的理解の普及
         
 
現状の取り上げられ方の調査(学術分野・一般社会)
         
 
講演会の企画・開催等
         
 
         
(補)
  機能性に関する調査研究:希望者が多ければワーキング・グループにより活動を 開始する。
PageTOPへ

(2007年6月)
 



ホーム | サイトマップ
Copyright © 2004-2017 International Life Sciences Institute Japan , All Rights Reserved