特定非営利活動法人
国際生命科学研究機構

特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)は1981年に設立され、ILSIの一員として世界的な活動の一翼を担うとともに、日本独自の問題にも積極的に取り組んでいます。

お問い合わせ
 
トピックス

「健康な食事研究会」


毒性学教育講座 下巻

プロバイオティクス、 プレバイオティクスと腸内菌叢

最新栄養学[第 10 版]
運動・栄養プログラム TAKE 10!
リンク
サイトマップ
email:
webmaster@ilsijapan.org

TEL:
03-5215-3535

FAX:
03-5215-3537

住所:
102-0083
東京都千代田区麹町
3−5−19
にしかわビル5階
ホーム 講演会 》講演会詳細

講演会のお知らせ (終了しました)

 

「食品、飼料および加工品用に輸入された遺伝子組換え作物の 環境安全性評価シンポジウム」
(Symposium on The Environmental Risk Assessment of Living Modified Organisms Imported for Food, Feed and Processing)

日  時 :
2013年5月24日(金) 13:00−18:10 <懇親会 18:20 - 20:30>
場  所 :
大手町ファーストスクエアカンファレンス Room B
東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F
http://www.1ofsc.jp
<東京メトロ 丸の内線、千代田線、半蔵門線、東西線、都営地下鉄三田線 「大手町駅」C8,C11,C12出口から直結>
主  催 : ILSI CERA(Center for Environmental Risk Assessment)
特定非営利活動法人 国際生命科学研究機構(ILSI Japan)
後  援 : 筑波大学遺伝子実験センター「形質転換植物デザイン研究拠点」
        日本育種学会LMO委員会
(同時通訳あり)


2012年11月15日に開催されました「遺伝子組換え作物の環境安全性評価に関する国際的動向(The 12th International Symposium on Biosafety of Genetically Modified Organismsにおいて何が議論されたのか)」で、第12回ISBGMOで話し合われた内容、特にProblem Formulation について討議を行いました。今回は、この討議内容を一歩進め、ILSI CERA(Center for Environmental Risk Assessment)と共催で欧州やメキシコの事例に学びながら、日本におけるERA(Environmental Risk Assessment)の在り方について議論を深める為のシンポジウムを企画いたしました。


プログラム
 
 
 表紙 【PPTX】 
13:00-13:15 開会の挨拶
 
山口 隆司(ILSI Japan 事務局長)
 
13:15-14:00
環境リスク評価においてProblem FormulationとProtection Goalが どれほど重要か(Why are problem formulation and protection goals so important to environmental risk assessment ?)
 
 資料 【PDF】  
 
Dr. Andrew Roberts
(CERA/ILSI Research Foundation, USA)
 
14:00-14:45
EUにおける食品、飼料および加工品用の遺伝子組換え物の環境安全性評価(ERA of LMOs for food, feed and processing in the European Union)
 
 資料 【PDF】  
 
Dr. Hans Bergmans
(National Institute of Public Health and the Environment, the Netherlands)
 
14:45-15:30
メキシコにおける食品、飼料および加工品用の遺伝子組換え作物の環境安全性評価:遺伝子組換えトウモロコシの事例(ERA of LMOs for food, feed and processing in Mexico:the case of genetically modified maize)
 
 資料 【PDF】  
 
Dr. Sol Ortiz-Garcia
(International Commission of Biosafety and Genetically Modified Organisms, Mexico)
 
15:30-15:45
休憩
 
15:45-16:30
日本における食品、飼料および加工品用の遺伝子組換え作物の環境 安全性評価(ERA of LMOs for food, feed and processing in Japan)
 
 資料 【PPTX】  
  佐藤忍(筑波大学生命環境系教授)
 
16:30-18:00
パネル討論および質疑応答(Panel Session Q & A)
 
座長:大澤良(筑波大学生命環境系教授)
 
18:00-18:10
閉会の挨拶
 
林健一(ILSI CERA)
 
<司会進行:末木一夫 ILSI Japan>

PageTOPへ



ホーム | サイトマップ
Copyright © 2004-2017 International Life Sciences Institute Japan , All Rights Reserved